My Tune

音の風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

君が僕を知ってる

EPLP
EPLP
RCサクセション

1976年から1980年までにリリースされた5枚のEP盤を集めて作られたLPアルバムで、「コレを聴かずして日本のロックは語れない」と言う人がいるほど、RCのヒット曲がずらりと並んでいる名盤。RCビギナーにお薦めの1枚。

[ 君が僕を知ってる ]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2005/02/19(土) 10:47:00|
  2. ROCK
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

Teardrops Will Fall

紫の渓谷
紫の峡谷 Into the Purple Valley
ライ・クーダー Ry Cooder

 1960年代末のライ・クーダーは人気のセッションギタリストにすぎなかったかもしれない。けれども、キャリアの初期に彼をその身分から引き離したのは、彼の歌の中にある一風変わっているかもしれないが、非凡な味わいである。本作でクーダーはジョニー・キャッシュからバハマ出身のフォークの大御所ジョセフ・スペンスやレッドベリーまでさまざまなレパートリーを披露し、素晴らしい成果をあげている。クーダーのボーカルの技量はそのスライドギターやマンドリンの腕前に見合うものではない( "Hey Porter" "Billy the Kid" では見事なマンドリンの腕を聴かせてくれる)。だが、そのボーカルは親しみを感じさせ、たとえ "FDR in Trinidad" "Taxes on the Farmer Feeds Us All" のような古風で風変わりなナンバーに挑戦しようとも、派手に歌い上げるという誘惑に乗ってはいない。 (Steve Stolder)

[ Teardrops Will Fall ]の続きを読む
  1. 2005/01/22(土) 12:00:00|
  2. ROCK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アーサー王 Arthur

アーサー王と円卓の騎士たち
アーサー王と円卓の騎士たち
Myths & Legends Of King Arthur & The Knights Of The Round Table
リック・ウェイクマン Rick Wakeman

初期ソロ3部作のラストを飾る本作はタイトル通り、アーサー王の伝説を取り上げた、これまた壮大なコンセプト作。テクニカルなプレイで、キーボードの可能性に限界まで挑戦した意欲作。

[ アーサー王 Arthur ]の続きを読む
  1. 2005/01/08(土) 10:30:00|
  2. ROCK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| HOME | NEXT>>

Profile

ramjhi

Counter

Calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Category

Monthly Archives

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Search in This Blog

Other Sites

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。