My Tune

音の風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ケルン 1975年1月24日 パート1

ケルン・コンサート
ザ・ケルン・コンサート The Koln Concert
キース・ジャレット Keith Jarrett

 キース・ジャレットは、ソロピアノで独自の世界を築きあげたことでも評価されている。ドイツのレーベル「ECM」からの最初の作品はソロピアノで、スタジオ録音では8曲のオリジナルを演奏した。
 だが、キースの天才ぶりが発揮されたのは、完全なる「即興」ピアノ演奏の本盤だ。観客の目の前で、気持ちの赴くまま弾くソロは長くなるが、それでも起承転結のある構成力の高さには舌を巻く。即興でありながら、難解なところがない。冒頭の<1>は、車のCMに使用されたこともあるほどだ。彼のポップなメロディセンスが最大限に表れ、リアルタイムで最適なハーモニーをつけていく。一定のテンポで1つのフレーズを繰り返す情熱的なパートや、すべての音に集中して奏でるパートの美しさに、言葉を失うばかりだ。
 このアルバムの成功もあって、即興ソロピアノ・アルバムは多数録音される。だが、完成度では本盤が最も高いといえるだろう。 (高木宏真)



1.Part I
2.Part II A
3.Part II B
4.Part II C


★★★★★
この曲をはじめて聴いたのは、高校の頃のFM放送だったと思う。
それまでの僕にとって JAZZ とは、クラシックにとっての現代音楽と同様、形式や様式が破壊され、残った音が再構築される「実験の場」、勝手気儘に音がやり取りされ、叩き売られる「バザール」的な音楽、もしくは、ビッグ・バンドがスイングするムード・ミュージックの域を出ないチープな音楽といったイメージだった。(それまでに聴いていた曲が知れよう…お恥ずかしい限り……)
そんな浅はかな考えを徹底的に叩きのめしてくれたのが、このアルバム。この真剣勝負そのものの音の創造は僕にとって本当にショッキングな出会いだった。今でも冒頭の音を聴くだけで、全身総毛立って聴き入ったあの時の感動を鮮明に思い出すほどだ。
スポンサーサイト
  1. 2004/11/26(金) 03:15:02|
  2. JAZZ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ramjhi.blog4.fc2.com/tb.php/3-f76e8b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Keith Jarrett / The Koln Concert

ピアノの奇跡。 1975年にケルンで行われたコンサートの録音です。1曲が10~20分くらいあるのですが、信じられない事に全てが即興によるものだそうです。amazing!!!incredible!!! 音楽が個人の感情に訴えかけ(思い出等が感化されて)ホロリと来る事はよくあると思いますが、
  1. 2005/01/26(水) 13:15:53 |
  2. SINGSTYRO*musicblog
| HOME |

Profile

ramjhi

Counter

Calendar

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Category

Monthly Archives

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Search in This Blog

Other Sites

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。