My Tune

音の風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モーツァルト:フルート四重奏曲ニ長調 K.285

フルート四重奏曲
モーツァルト:4つのフルート四重奏曲
ペーター=ルーカス・グラーフ Peter-Lukas Graf (fl),
ヘリベルト・ラウアー(vn),
フランツ・ヒルシェフェルト(va),
エスター・ニッフェネッガー(vc)

グラーフのフルートの、芯の通った端正な美音が、弦楽器の響きのなかからくっきりと抜け出て、落ち着いた雰囲気をもったモーツァルトの世界を形作っている。確かな足どりで支えているカルミナ・トリオは、スイスのカルミナ弦楽四重奏団のメンバー。(レコード・リンク先の紹介記事)



1.フルート四重奏曲 第1番ニ長調 K.285
2.フルート四重奏曲 第2番ト長調 K.285a
3.フルート四重奏曲 第3番ハ長調 K.285b
4.フルート四重奏曲 第4番イ長調 K.298


★★★★★
はじめに断っておかなければならないが、僕が普段聴いているのは、グラーフがラウアー、ヒルシェフェルト、ニッフェネッガーと組んで演奏したものだということだ。これは現在カタログには載ってないようで、入手は不可能だと思えるので、カルミナ・トリオとのアンサンブルをリンク先とした。(画像は前記のもの)

ニコレの透明感ある音色、ランパルの華やかな旋律、グラーフの素朴なフレージング…等々。誰も彼も魅力的だが、バッハとモーツァルトのフルート曲ではやはりグラーフの演奏が僕の一番のお気に入りだ。


【関連サイト】
Peter-Lukas Graf http://www.peterlukasgraf.ch/
Claves Records http://www.claves.ch/


スポンサーサイト
  1. 2004/12/18(土) 11:25:39|
  2. CLASSIC
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ramjhi.blog4.fc2.com/tb.php/7-76cfb9ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミーク作品集 ****(推薦)

イェックリンから出ているミークの作品集を紹介する。ミークは1906年にスイスのチューリッヒの近くのレンツブルクという町に生まれた作曲家で、1990年に亡くなった。戦後になって活動を本格化させた晩成型の作曲家であったとは思うが、残念ながら資料があまりに少なすぎるの
  1. 2005/03/30(水) 03:03:56 |
  2. 鎌倉・スイス日記
| HOME |

Profile

ramjhi

Counter

Calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Category

Monthly Archives

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Search in This Blog

Other Sites

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。